筆字障害を持っている子に

療育用にタッチパネルPCでの視覚トレーニングを導入しました。

筆字障害で文字の認知が苦手な児童を中心に療育を行っています。

文字の読み書きが苦手だけど、PCやタブレットを使えば、

徐々に文字が認識できるようになるので、いずれは学校にも協力をお願いして、
タブレットを持ち込んでの受講ができれば、この障害を持っている児童も大きく成長するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL